残尿感や頻尿の原因をさぐる。その改善方法とは

今の時代、ほとんどの高齢者に共通して見られる症状に【残尿感】や【頻尿】があります。それらに関係する病気には、【過活動膀胱】や【膀胱炎】などが知られていますし、改善すべき原因であるといえるでしょう。まず女性に関連するものには、どんな原因があるのか考えてみましょう。

 

【膀胱炎】は一般的に女性に多い病気であると言われています。その原因として考えられるものには、女性の尿道の長さが短いという構造的な問題が関わっているのです。【膀胱炎】という病名はよく聞きますが、安易に考えてはいけません。女性の尿道を通じておこっている細菌感染だからです。そんな細菌感染からおこる特有な刺激症状で膀胱は過敏に収縮もします。それが【残尿感】や【頻尿】につながっていると言えるでしょう。

 

また細菌感染だけではありません。その他の原因としては【トイレを我慢】すること。【オフィスの冷房】や【過労】、【ストレス】などからも同様に膀胱炎がおこるのです。一般的に言われているのは【残尿感】や【頻尿】ですが、排尿時、または排尿後の痛みを伴う方もおられるようです。残尿感や頻尿ばかりに気をとられるのではなくて、疲れていたり、免疫力が低下している時、体が冷えている時なども要注意です。そんな時は、細菌が体の中に入りやすいことを意味します。

 

そのような細菌性の膀胱炎の改善方法として、次のようなことが報告されています。

 

1つ目には、トイレ後に陰部周辺の汚れをふきとる際は前から後ろに向かってすることです。2つ目の改善方法は、【便秘】にならないようにすることです。多量の大腸菌が尿道から浸入するのを防ぐようにしましょう。3つ目はセックスの前後は必ずシャワー浴をして陰部を清潔にしておくことです。その他の改善方法にあげられているのは、排尿を我慢しないことです。細菌の繁殖を防ぐために、多めの水分で体外に排泄するように考えるべきでしょう。

 

また、【下腹部を冷やさない】ことです。下腹部が冷えるということは、周辺の血液の流れが悪いことを意味するからです。血流を改善させることは、膀胱粘膜のもつ抵抗力を高くすることにつながります。病気になりにくい体をつくれるような改善方法を生活に取り入れることで、細菌に抵抗する力をアップさせるのです。昔にくらべ、いろいろと生活環境は改善されてきています。とくに体を常に【清潔】にしておくことで、膀胱に関わる病気のほとんどを改善させることにもつながるのです。

 

残尿感で眠れない対策サプリはこちら >>