MENU

残尿感や頻尿の治療は泌尿器科病院の受診を

排泄とは動物にとって体の中の毒素を出す大切な働きです。その排泄行為がし辛くなってくるとしたら、それは大変な苦しみとなるのです。人間も年齢をとるにつれて体のアチコチが不調をきたしてきますが、排泄器官も勿論その対象となります。

 

 女性であれば若い頃から膀胱炎に悩まされることも多いでしょう。女性は男性に比べて尿道口が短くすぐ近くに肛門があることから、男性より膀胱炎にかかりやすいとされます。特に30代に入り、心身ともに変化が起こるころからは女性の膀胱炎は一気に増えることが多いのです。膀胱炎の不快な症状といえば頻繁にトイレに行きたくなること。

 

膀胱に尿は残っていないのに、あたかもすぐに出そうな感覚があることを、残尿感といいます。この残尿感によって頻繁にトイレをいく羽目になり、それなのに尿は排出されずに苦しむのです。免疫力が下がっている人は細菌の影響で尿に血が混じることもあり、これは激痛を伴いますから、すぐに病院へいきましょう。泌尿器科で診察をすれば、大腸菌に勝つための抗生物質を出してくれます。

 

菌はすぐには死にませんが、薬を飲んでいれば頻尿や残尿感、それに痛みや出血は1日ほどでマシになるはずです。膀胱縁でない頻尿はまた治療内容が違いますが、基本的には菌による感染の治療方は抗生物質と安静。残尿感や頻尿の感覚がなくなってきても、病院で出された薬はちゃんと最後まで飲むことが治療を完了させることになります。頻尿かもしれないと悩んでいる方は、とにかく時間を作って病院へいきましょう。頻尿にもちゃんと治療方法はあるのです。