MENU

残尿感、頻尿の症状の対策はリラックス

残尿感、頻尿の症状の原因は二つあります。一つは、膀胱炎などの感染症です。もう一つは、自律神経の乱れです。感染症の場合は医者に行って抗生剤をもらって飲めば良くなります。

 

しかし、自律神経の乱れはストレスによるものです。生活習慣から変えていく事が大切です。ストレスがかかると交感神経が優位になり膀胱が小さくなり、尿をためておけなくなり症状が出てきます。副交感神経を優位にする方法として、食物繊維の多い食品を摂取する方法があります。食物繊維は腸の中をゆっくり進み、そうなると副交感神経優位になるのです。

 

すっぱいものや辛いものもいいのです。刺激のあるものが体に入ってくると排出したいと副交感神経優位になります。その他に発酵食品も優位にさせます。

 

暖かいものをゆっくり飲むと体が温まることによって優位になります。この習慣を身に着けることによって残尿感、頻尿の原因である交感神経の興奮を抑えて膀胱を広げて原因を取り除きます。

 

食事の習慣改善の他に運動による方法もあります。運動も無理をしては交感神経が働いてしまい残尿感や頻尿の症状の原因になってしまいます。
自分のペースで楽しく無理のない運動、ウォーキングがいいのです。無理のない運動が副交感神経を優位にしてくれます。ストレッチも加えるとより効果的です。

 

食後一時間以上、寝る一時間前の入浴もいいです。38度から40度くらいのぬるめのお風呂に入るのがポイントです。この時も長湯はだめです。かえって体を疲れさせてしまいます。

 

このように色々な方法がありますのでご自分にあった方法で残尿感、頻尿の症状のない楽しい生活を送りましょう。