MENU

頻尿と残尿感を自分で改善する方法

頻尿や残尿感で悩んでいる人は意外と多いです。人になかなか言えないことなので、自分だけが悩んでいるような気がしますが、意外とたくさんの人が悩んでいることのようです。頻尿などは、外出が多い人などは、死活問題なのでなんとか対策を立てていきたいものです。この一番自分でできる対策法としては、尿意をできるだけ我慢していくことが大切だといいます。

 

一見すると我慢することは体に負担をかけることのようで、いけない行為のような気がしますが、それは違うのです。膀胱という器官はあまえさせてすぐにトイレにいくという方法をやっていると尿をためる容量が小さくなってしまうというのです。

 

これを鍛えるためには、結局は尿意を感じたとしてもできるかぎり我慢することが必要です。我慢して、ためておける容量を大きくしていくことによって、だんだんと頻尿が改善されていくといいます。膀胱を鍛えることによって残尿感も改善していく傾向にあるといいます。

 

まずは頻尿や残尿感で悩んでいるという人は、自分で改善できる方法としてまずは我慢してみる対策をとっていくことが必要です。ただ、自分でやってみてそれでも残尿感や頻尿が治らない、あるいは、腰がいつも痛いとか、別に個所に違和感があるという場合は、あきらかない病気の可能性もあるので、自己判断で問題ないと思うのは危険です。そういうときはまずは病院にいって診察をしてくることが第一です。検査をして問題ないとか、治療をうけて改善していけばいいのです。